ブログ

冬至とかぼちゃの由来

明日21日は冬至です。
冬至にはいろいろな言い伝えがあります。
まず、「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。
人参や大根、レンコンにうどん等縁起を担ぎました。
これを「運盛り」と呼び、縁起とともに栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもありました。
土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ていますね。

そして、今の若者は知らないことなのかも知れませんが、なぜ、かぼちゃを食べるのか?

かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)です。
これも運盛りのひとつで、南近「北から南へ(南が近づく)」ことを意味しています。
しかし、カボチャは夏が旬です。
長期保存ができ、ビタミンAやカロチンが豊富、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果があります。
冬に栄養を採ろうとするための先人の知恵なのです。

運命予報では「吉凶カレンダー」を27種の部屋別に用意しています。
2017のカレンダー販売中です。
1年間:1月~12月分 6480円(税込み)
お試し2か月分1000円(税込み)
現在ご注文の送料0円です!
ご希望の方はこちらのフォームからご記入して送信してください。


明日の運命予報をお知せします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
12月21日(水)は第14の部屋所属の日となります。
最凶悪日を迎えるのは1部屋に戻ります。
ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、基本的に××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第26の部屋
(×)第8の部屋
(×)第17の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。
この日の行動は慎むことをおすすめします。
運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。


日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご購入してご覧になってください。


◆App Store(アイフォンはこちらから)
◆Google Play(アンドロイドはこちらから)
※コンビニeプリントサービス「運命予報占い・ギャンブル編」、
「運命予報占い・競走馬編」好評発売中!
 
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 10日(水)魔の6days
  2. 占いに育った環境は必要です!
  3. 運命予報所属部屋検索表
  4. 人間関係の難しさ
  5. 運命予報占いと大地震の関係
  6. 人間本来の姿とは…
  7. お盆とは何ぞや?
  8. 商品を売りたければ文化を作れ

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

神田うの、円満夫婦でも別居状態ってどんな相性?

神田うのと西村拓郎は、夫婦関係は良好であるにもかかわらず別居状態と報道されました。神…

22年ぶりWink復活の噂、相田翔子と鈴木早智子の相性

Winkが22年ぶりに復活することが報じられました。デビュー30周年を迎える来年4月…

PAGE TOP