ブログ

焦りの人生からは何も生まれない!


いくら稼いでも、自分の時間がない人生は、死ぬときに後悔すると思います。
時間や仕事などに追われている人生からは良いものは生まれません。
中には切羽詰らないと本気を出せないなんていう事もありますが…。
全国各地の自然と接したり、地元の人と接したりする楽しさを私は大切にして生きたいと思います。
あと、何よりも好きな温泉も!
私は幸いか不幸か人生のリセットを何回も経験しています。
その度に自己を見つめ直しています。
現状をリセットするにはとても勇気が必要ですが、?マークが付いたら徹底的に追及し、場合によってはリセットすることが必要です。
そして、その経験を生かすことでパワーアップした人生にしたいと感じています。
様々な経験が人生に幅を持たせます。
一つの道に邁進する事も大切なことですが、視野が狭くなることが怖いです。
だからと言って中途半端はダメです。
しかし、気が付けば定年なんて人生は、私は嫌ですから…。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
3月21日(土)は第26の部屋所属の日となります。
そして最凶悪日を迎えるのが第11の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。

27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第11の部屋
(×)第2の部屋
(×)第20の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. テレビ効果?第1位「注目ランキング」
  2. 「生前退位」を表明した天皇陛下と親族の相性
  3. 7日(土)はエフエム世田谷出演!
  4. わたしにとって魔の神宮球場
  5. 情報化される四季の移り変わり
  6. 運命予報アイコンできました!
  7. 役割分担の大切さを知る
  8. 冬至とかぼちゃの由来

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

8月15日の出来事

昨日は花火のことで、ボクシング山中慎介の具志堅用高に並ぶ13度目の防衛に失敗した件や、テ…

8月15日は私にとって花火大会の日

今年で自身3年連続となる8月15日の花火大会を訪れました。至近距離からの花火は耳をつ…

PAGE TOP