ブログ

節分の翌日は立春


節分の翌日は立春です。
昔は、節分が大みそかで立春が正月ということになります。
昔の旧正月(元旦)=立春ではありません(稀に同じ日となることもある)が、立春から新年が始まるという認識がありました。

立春には春という字が含まれます。
「春が立つ」という意味で、立春を迎えた頃から寒さがピークを過ぎ、春に近づいていくという事です。
「立春なのに寒い」は間違いで、これから春がやってくるので、寒いのは当然なのです。

立春の日には「立春大吉」と書かれたお札が貼ってるのを見かけます。
運命予報で最も大切なバランス重視が見事に成り立っているのです。
4文字すべてが、左右対称になっています。
左右表裏どちらから見ても立春大吉と読むことが出来る縁起の良い文字なのです。
特に魔の期間中ですから、これをきっかけにバランスの良い生活をお過ごしください。

運命予報では「吉凶カレンダー」を27種の部屋別に用意しています。
2017のカレンダー販売中です。
1年間:1月~12月分 6480円(税込み)
2月~2018年1月でもOKです。
お試し2か月分1000円(税込み)
現在ご注文の送料0円です!
ご希望の方はこちらのフォームからご記入して送信してください。


明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
2月4日(土)は第3の部屋所属の日となります。
魔の期間中に最凶悪日を迎えるのは6部屋になります。
ワースト6部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、基本的に××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきますが、魔の期間中は××6部屋ですが、×の部屋はありません。
(××)第3の部屋
(××)第11の部屋
(××)第15の部屋
(××)第18の部屋
(××)第21の部屋
(××)第27の部屋


この日は、「四苦八苦」で命にかかわる危険を伴う日なのです。
四苦は生・老・病・死のことを意味します。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。
この日の行動は慎むことをおすすめします。
運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。


日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご購入してご覧になってください。


◆App Store(アイフォンはこちらから)
◆Google Play(アンドロイドはこちらから)
※コンビニeプリントサービス「運命予報占い・ギャンブル編」、
「運命予報占い・競走馬編」好評発売中!
 
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 老舗の看板
  2. 私も事故に遭った「将門の首塚」
  3. 新連載「新・週末の運勢」登場!
  4. 運命予報占い・恋愛編発売決定!
  5. 天が与える試練の6days
  6. 都知事選挙全立候補者の公約を診る
  7. 満月と富士山
  8. 人間関係の希薄さを認識しよう!

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

第99回夏の甲子園

第99回全国高校野球選手権大会が甲子園球場でおこなわれています。昨日までに準々決勝が…

迎え盆、送り盆について

先祖の霊を迎え入れるために迎え火を焚き、先祖の霊を送り出すために送り火を焚く習慣があ…

PAGE TOP