ブログ

遅咲き如来


温泉好きの私ですが、草津温泉に行きました。

遅咲き如来・・・元禄時代東大寺公慶上人の作として伝えられていた釈迦如来は、平成十七年の調査により、そのことが事実であると証明されました。
以来300年を経て世に出た仏様であることから、「遅咲き如来」として地域の人々に改めて信仰されています。
今まであまり花を咲かせられなかった方々、これからもう一花咲かせたいと願っている皆様にお参りしていただき、願いを叶えましょうという如来です。
なかなか、花が咲かなくても信念を持って続けることがやがて実を結ぶという意味に感銘を受けました。
そして、意見や考えをコロコロと変えないようにしなければならないと感じました。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
7月20日(水)は第22の部屋所属の日となります。
魔の期間終了につき最凶悪日を迎えるのは1部屋に戻ります。
ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、基本的に××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第7の部屋
 (×)第16の部屋
 (×)第25の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるのです。

日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご購入してご覧になってください。

占いアプリ「5秒でわかる性格占い」★運命予報占い★星月夜景★以下をクリックでダウンロード(無料)できます。
◆App Store(アイフォンはこちらから)
◆Google Play(アンドロイドはこちらから)
※コンビニeプリントサービス「運命予報占い・ギャンブル編」好評発売中!
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. さあ、進化の問われる2017年です!
  2. アプリロゴマーク「5秒でわかる性格占い」
  3. ぶれない精神力
  4. 8月15日は私にとって花火大会の日
  5. 白米は字のごとく「粕」なのです。
  6. ラジオ出演情報「yoshimiのスキスキっ!」
  7. 今日という1日を大切に
  8. 今年の初詣は「お墓参り」

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

著名人が叩かれるこのご時世

スポーツで活躍する選手は、選手と応援が一丸となり盛り上がっているのですが、著名人の不祥事…

広島カープ連覇達成!

待ちに待った四半世紀に一度の出来事が2年連続で起きてしまいました。数年前まではAクラ…

PAGE TOP