ブログ

40年間の健康意識が大幅に変わる?



多くの専門家が、食品に含まれる高コレステロールと血中脂質の危険レベルには関係がないと主張しています。
卵やバター、貝類やベーコン、レバーといった高コレステロール食品は1970年代から、心臓病や心臓発作といった死に至る動脈硬化の原因とされ、人間の健康に危険を及ぼすものだと一般的に言われてきました。
コレステロールに始まり、最近次から次に今まで信じられてきたことが覆されています。 
しかし、我々一般庶民がメディアに振り回されているということが、強調されているともいえます。
「体に良いから」と聞いて、毎日欠かさず口にしているものも多くあるのではないでしょうか?
同じものばかり口にしていることこそが、最も危険なことなのです。
体に良い事もあれば、良くないこともあるのです。
いろいろな種類のものを吸収すること、バランスよくいろいろなものを口にすることで、良くない部分もまた他の食材によって良い方向に導いてもらえるものなのです。
世の中で、「絶対」というものは無いのです。
人間の考え方でさえ、反対意見が「ゼロ0」なんていうことはあり得ません。
Facebookなどで、自分の記事に「いいね!」をもらい注目されるようになりたいためなのか?胡散臭い話を「シェア」している記事を目にするとガッカリしてしまいます。
良いと感じたことは、まず自分で試して本当に「いいね!」と感じたら自分の言葉に言い換えて発信してこそ価値があるものだと思います。
何事に対しても疑問を持ち、自身の経験から自分で考えることが大切なのです。
鵜呑みにしてしまうことほど恐ろしいものはないのです。
自分のことは自分で守らなければ騙される人の数は増えるばかりとなってしまいます。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
6月23日(火)は第11の部屋所属の日となります。
そして最凶悪日を迎える部屋は、第23の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。 
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第23の部屋
(×)第5の部屋
(×)第14の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。 

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 4日(日)運命注意報
  2. 只今悪魔が降りる魔の期間です!
  3. 15日(木)運命注意予報
  4. サーバーダウンお詫びします
  5. そりゃあ似てますよ!同じ部屋の人ですから
  6. 最後は自分の判断しかないのです!
  7. 23日(日)魔の6days
  8. 丸山議員の思わぬ一言で・・・

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

8月15日の出来事

昨日は花火のことで、ボクシング山中慎介の具志堅用高に並ぶ13度目の防衛に失敗した件や、テ…

8月15日は私にとって花火大会の日

今年で自身3年連続となる8月15日の花火大会を訪れました。至近距離からの花火は耳をつ…

PAGE TOP