カテゴリー別アーカイブ: ブログ

来週は天皇賞です

運命予想競馬は来週いよいよ天皇賞を迎えます。

注目はサトノダイヤモンド対キタサンブラックの2強対決と、それに割って入る馬が現れるかどうかといえるでしょう。

距離が3200mと、最強ステイヤー決定戦なのですが、なぜか1番人気が苦戦しているのです。

過去10年で「2番人気」の3着内率70.0%、「3番人気」の3着内率60.0%対して、「1番人気」の3着内率がわずか10.0%と大苦戦しているのです。
さらに連帯率は0%と2着に入っていないのです。

1番人気の1着は2006年のディープインパクトまでさかのぼります。
そして2009年以降8年連続で「6番人気以下」の馬が3着以内に入っています。

どっちが1番人気になるのか?
来週の日曜日が楽しみです。
そして各馬の運勢はいかに!

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです
4月24日(月)は第27の部屋所属の日となります。
××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
ワースト3部屋は以下の通りです。
(××)第12の部屋
 (×) 第3の部屋
 (×) 第21部屋
運勢の良い日は特に問題はないのですが、運勢の悪い日にとんでもないことが起こりやすいものです。
悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことでいくらでも回避できます。
(×)or(××)日の行動は慎むことをおすすめします。

ご自身の部屋番号が知りたい方は、会員登録(無料)をしていただくことで検索ができますので、是非ご利用してみてください。
日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご購入してご覧になってください。

占いアプリ「5秒でわかる性格占い」★運命予報占い★星月夜景★以下をクリックでダウンロード(無料)できます。
◆App Store(アイフォンはこちらから)
◆Google Play(アンドロイドはこちらから)
※コンビニeプリントサービス「運命予報占い・ギャンブル編」、
「運命予報占い・競走馬編」好評発売中!
 

カテゴリー: ブログ |

散々な凶日

占いをやっていて、今日は凶日だという事を知っていたにもかかわらずうまくいかないものです。
まずは、運命予報競馬です。
京都メインレースで運勢が良く、印がついた馬がわずが4頭でした。
これは買うしかないと、4頭をボックスで3連複を購入したはずが、購入ボタンをクリックしていなかったために6220円を4点買いで獲り損ねてしまいました。
運命予想競馬でこれほど確信のある馬券は滅多に無かったのにさすが凶日です。
夜はカープの応援に神宮球場に来ましたが雨でカッパ観戦です。
現在0-0ですがどうなることやら…。
当たる凶日は嬉しいけど複雑です。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです
4月23日(日)は第26の部屋所属の日となります。
××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
ワースト3部屋は以下の通りです。
(××)第11の部屋
 (×) 第2の部屋
 (×) 第20部屋
運勢の良い日は特に問題はないのですが、運勢の悪い日にとんでもないことが起こりやすいものです。
悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことでいくらでも回避できます。
(×)or(××)日の行動は慎むことをおすすめします。

ご自身の部屋番号が知りたい方は、会員登録(無料)をしていただくことで検索ができますので、是非ご利用してみてください。
日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご購入してご覧になってください。

占いアプリ「5秒でわかる性格占い」★運命予報占い★星月夜景★以下をクリックでダウンロード(無料)できます。
◆App Store(アイフォンはこちらから)
◆Google Play(アンドロイドはこちらから)
※コンビニeプリントサービス「運命予報占い・ギャンブル編」、
「運命予報占い・競走馬編」好評発売中!
 

カテゴリー: ブログ |

GWと天皇誕生日

ゴールデンウィークまであと1週間となりました。

4月29日は昭和天皇誕生日でした。
それから名称を2度変え⇒みどりの日⇒昭和の日。
GWの連休に影響を与えるため、平成になっても祝日として残りました。 続きを読む(Continue reading)

カテゴリー: ブログ |

小林麻央さん頑張って!

闘病中の小林麻央さんの状態があまり良くないようです。

ニュースを読んでいたのですが、SNSでは厳しいコメントばかりです。 続きを読む(Continue reading)

カテゴリー: ブログ |

時代と共に、ことわざも変化

時代とともに昔から使われている言葉の意味に変化が生じています。

逆鱗に触れるとは、目上の人を激しく怒らせることをいい、目下には使わない言葉です。
「逆鱗(げきりん)とは龍の喉元に逆さに生えた鱗(うろこ)のことで、そこに触れた人を殺してしまうという伝説があります。
また、自分の怒りについても使わない言葉です。

しかし、「ついに私の逆鱗に触れるようなことが起きた!」
「余計なひとことで部下の逆鱗に触れてしまった!」
など、うっかり使用していることが多い気がします。

また、一姫二太郎は第1子が女児で、第2子が男児であることが望ましいという意味ですが、女の子ひとりと男の子ふたりと勘違いしている方も多いようです。 続きを読む(Continue reading)

カテゴリー: ブログ |