社会

「痩せ過ぎモデル」に罰則を科す法案が可決



フランス下院では、痩せ過ぎのモデルを採用した事務所に罰則を科す法案を賛成多数で可決したそうです。
モデルがスリムになりすぎて、多くの女性が拒食症に陥っていることが問題視されました。
一方、ファッション業界側は、モデルのスタイルは自由であるべきだと反発しているそうです。
規制内容は、肥満度を示す体格指数(BMI)が「一定のレベル」を下回るモデルを雇用した事務所や責任者に対し、最大7万5000ユーロ(約980万円)の罰金や6カ月以下の禁錮刑を課すそうです。
自由が許されなくなるというのは窮屈な世の中かもしれませんが、それによって拒食症の女性が増えることは社会問題です。
確かに、この業界の女性の細さは異常です。
ポキッ!と折れてしまうのではないか?と思ってしまうほどの細さには驚いてしまいます。
このような発想で法律を変えていくことは必要なことでしょう。
時代はどんどん変化していくものです。
いつまでも昔のルールでは対応が遅れてしまうものですから、フランスの対応は世界に一石を投じることになるでしょう。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
4月5日(日)は第14の部屋所属の日となります。
そして最凶悪日を迎えるのが第26の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第26の部屋
(×)第8の部屋
(×)第17の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 運命予報でトランプか?クリントンか?
  2. 都知事選挙全立候補者の公約を診る
  3. 眞子さまと海の王子が婚約へ
  4. AKB襲撃事件の吉凶
  5. 国会議員の育休巡り宮崎議員はどんな人?
  6. プライバシーの日本的基準
  7. 19日は旧暦のお正月
  8. 朴槿恵と崔順実の相性

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

第99回夏の甲子園

第99回全国高校野球選手権大会が甲子園球場でおこなわれています。昨日までに準々決勝が…

迎え盆、送り盆について

先祖の霊を迎え入れるために迎え火を焚き、先祖の霊を送り出すために送り火を焚く習慣があ…

PAGE TOP