社会

おみくじについて(2)

先日、「おみくじ」についてその順番を記載しました。

「吉」より「中吉」の方が良いのではないか?とご指摘をいただきました。

一般的に「おみくじ」は、種類もいろいろあり、神社ごとに工夫されているようです。

また、お寺でも「おみくじ」はあります。

「みくじ」は「くじ」に尊敬の接頭辞「み」をくわえたもので、漢字で書くときは「御籤」ですが、神社のものは「神籤」、寺のものは「仏籤」となります。

その内容には、大吉や凶という吉凶判断、金運や恋愛、失(う)せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般に書かれていることが多いものです。

そもそも占いとは、物事の始めにあたって、まず御神慮を仰ぎ、これに基づいて懸命に事を遂行しようとする、ある種の信仰の表れです。

その起源は様々ですが、「おみくじ」を引く際は、順番を確認されると良いと思います。

運命予報では、基本「吉」は良い事、「凶」は悪いことと判断します。

大吉はスペシャルな「吉」となり、最良とします。

次は「吉」となり、中くらいの吉が「中吉」、少々の吉が「小吉」となり、吉の中で最も評価の低いものが「末吉」となります。

「吉」よりも「中吉」の方が良いとする「おみくじ」は吉の下に「半吉」がある場合でしょう。

また、「おみくじ」は1回しかひいてはいけないということはありません。

納得いく答えが出ない、書かれている内容の意味がイマイチ理解できない場合は再度参拝をしてから引きなおすというのもありです。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 本日会見「小保方晴子」今日の運勢
  2. 駒大に合格した欽ちゃんを運命予報で診る
  3. 今度は桜島が噴火レベル4に!
  4. 西川農林水産大臣辞任を運命予報
  5. ウィリアム王子被災地訪問
  6. 泣き出したお天気お姉さんについて
  7. 河津桜まもなく満開
  8. 東京都知事選挙投開票日の各立候補者の運勢を診る

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

2018年1月19日(金)の凶日部屋

明日の運命予報をお知らせします。運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12…

大坂なおみ全豪テニス2回戦の運勢

2018年オーストラリアンオープン2回戦で杉田・西岡が敗退し残っている日本人選手?は大坂…

PAGE TOP