社会

作家の冲方丁氏、妻へのDV容疑で逮捕

平成22年、日本初の暦づくりに挑んだ天文学者を描いた「天地明察」で、吉川英治文学新人賞と本屋大賞をダブル受賞した冲方丁(うぶかた・とう)が別居中の妻を殴るなどドメスティックバイオレンス(DV)をしたとして逮捕していたことがわかりました。
「口論にはなったが、殴っていない」と容疑を否認しているそうです。
21日午後7時ごろ、事務所兼自宅のマンション1階敷地内で、訪ねてきた妻と口論になり、顔を殴って前歯を折るなどのけがをさせたそうです。

運命予報で性格を診てみましょう。
どの部屋に所属したとしても、犯罪は部屋の特徴と紙一重なのです。
所属している部屋に良し悪しはありませんので勘違いしないでください。

冲方丁・・・1977年2月14日 月曜日生まれ 第20の部屋所属

第20の部屋で月曜日生まれの運勢は、「気合が入っており、こだわりも強い。人の世話などで苦労し、秘密を抱えやすい。」となっています。
この中で、「気合の入ったこだわりの強さ」が悪い方向に出た結果なのでしょうか?
ちなみに、月曜日生まれの第20の部屋所属の有名人は加藤茶、松岡修造、和田アキ子、中井貴一などがいます。
確かに各人ともこだわりの強さが目立っていますね。
何事も特徴を悪事に利用しては悪い結果になってしまいます。
冲さんも、これだけの経歴のある方ですから、それなりのこだわりを持っていたのでしょう。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
8月26日(水)は第21の部屋所属の日となります。そして最凶悪日を迎える部屋は、第6の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第6の部屋
(×)第15部屋
(×)第24の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. エジプト航空機消息絶つ!
  2. 眞子さまと海の王子が婚約へ
  3. 運命予報でトランプか?クリントンか?
  4. 清原×運勢の日に逮捕される!
  5. 予告!天が与える試練の6Days到来
  6. 西川農林水産大臣辞任を運命予報
  7. 宮崎謙介衆院議員の密会相手は宮沢磨由!
  8. 相性良くても暗殺!

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

南の土地を奪い合い、負けたら北へ逃げる?

杉田祐一は残念ながらディミトロフに敗北を喫し、快進撃もベスト8止まりとなってしまいました…

杉田祐一マスターズ大会準々決勝へ

男子テニスのW&Sオープンで杉田祐一がまたまたやってくれました。ついに準々決勝となり…

PAGE TOP