社会

新ポスターは1964年東京五輪のポスターの影響が強かった!




東京五輪・パラリンピックのエンブレムを制作したのは佐野研二郎さんです。
その佐野さんが「鳴かず飛ばずになった」博報堂時代に影響を受けたのが、亀倉雄策さんです。
亀倉さんが手がけたのは1964年東京五輪のポスターでした。
本日はアートディレクター佐野、亀倉両氏を運命予報で診てみましょう。

佐野研二郎・・・1972年7月29日土曜日生まれ 第24の部屋所属 (冷静な分析者)
誰かの役に立ちたいと考えています。
尊敬する人に近づけるよう努力する人です。
亀倉雄策・・・1915年4月6日 火曜日生まれ 第19の部屋所属 (知的な征服者)
自分の道を突き進みます。
自分の力で壁を突き破る強さを持っています。

相性を診るとランクDと正反対で最も遠い相性でした。
佐野さんは亀倉さんに対し、自分に持っていない部分に影響されたのでしょう。
しかし、佐野さんと亀倉さんは全く異なる性格の人ですから面白いですね。

2020東京五輪のエンブレムは国内外の公募104点の中から決まりました。
「TOKYO」や「TEAM」など「T」がモチーフの五輪。
「=(イコール)」から発想したパラリンピックのエンブレム。
縦に伸びる黒い帯は、2020年に続く「道」を示します。


明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
7月28日(火)は第18の部屋所属の日となります。そして最凶悪日を迎える部屋は、第2の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第3の部屋
(×)第12の部屋
(×)第21の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 児童館が消える吉祥寺(武蔵野市)
  2. 橋下徹と森永卓郎は相性悪いのか?
  3. 19日は旧暦のお正月
  4. そりゃあ似てますよ!同じ部屋の人ですから
  5. 「生前退位」を表明した天皇陛下と親族の相性
  6. 安倍&オバマ両首脳の運命予報占い
  7. 「ぺヤングソースやきそば」回収の悲劇
  8. 最後は自分の判断しかないのです!

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

著名人が叩かれるこのご時世

スポーツで活躍する選手は、選手と応援が一丸となり盛り上がっているのですが、著名人の不祥事…

広島カープ連覇達成!

待ちに待った四半世紀に一度の出来事が2年連続で起きてしまいました。数年前まではAクラ…

PAGE TOP