社会

23年ぶりの師弟対決、猪木議員対馳文科大臣

国会で23年ぶりの「師弟対決」が実現しました。
プロレスラー出身で師弟関係にあるアントニオ猪木参院議員と馳浩文部科学大臣が、参院予算委員会で初めて対決しました。
両者の対決は92年1月、新日本プロレスの東京ドーム大会以来となりました。

二人の性格と相性を運命予報で診てみましょう。

アントニオ猪木・・・ 1943年2月20日土曜日生まれ 第11の部屋所属(遠慮がちな社交家)
馳 浩・・・ 1961年5月5日金曜日生まれ 第20の部屋所属(秩序を重んじる実力者)


二人の相性は運命予報5種類の相性の中で最も距離の近い 「ランク特S」でした。
この関係は「特」が付くだけに特別な関係となります。
利害関係を抜きにして、家族のような関係になることができる相性となります。
困っていると放っておけない相手となり、一度関わると長い間続く関係に発展します。
その距離の近さから、考え方は非常に似ていて、黙っていても相手の気持ちが理解できるのです。
久しぶりの戦いとはいえ、絆の深い二人にとってはちょっと戦いづらい相手でしょう。

相性について詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください

※相性は距離(性格)が近い順に特S・A・B・C・Dとなりますが、相性の良し悪しについては以下
①A◎(100点)→②特S○(90点)→③B□(60点)→④ランクD▼(40点)→⑤ランクC×(20点)となります。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
11月13日(金)は第17の部屋所属の日となります。そして最凶悪日を迎えるのは第2の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第2の部屋
(×)第11の部屋
(×)第20の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. おみくじについて(2)
  2. 清原×運勢の日に逮捕される!
  3. 今や世界の獺祭へ…
  4. 安倍&小池は敵になりきれない相性です
  5. 眞子さまと海の王子が婚約へ
  6. 橋下徹と森永卓郎は相性悪いのか?
  7. 「ぺヤングソースやきそば」回収の悲劇
  8. 12月3日は新暦採用の記念日

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

MALIA.4度目の結婚!今度は大丈夫?

どうしてこう短期間に何度も結婚と離婚を繰り返えせるのでしょうか?それは結婚不適合…

2017年11月22日(水)の魔の危険日部屋

11月22日はいい夫婦の日ですが、魔の期間中です。「もういい!夫婦」の日にならないよう気をつ…

PAGE TOP