芸能界

三國連太郎逝く

三國連太郎さんがお亡くなりになられました。
三國連太郎といえば佐藤浩市さんの父であり、釣りバカ日誌では西田敏行さんとの名コンビが思い出されます。
釣りバカ日誌と言えば、男はつらいよと二本だて映画として長いこと続きました。

ご冥福をお祈りいたします。
この冥福とは亡くなられた方への言葉で死後冥界をさまようなかで幸せになられるようお祈りするという意味です。

また、亡くなられた親族の方へは「お悔やみ申し上げます」を使います。

ご冥福は死後の世界を認める方が使う言葉となりますが、すっかり定番の決まり文句となっています。

運命予報では、輪廻転生(人は必ず生まれ変わる)と考えます。

しかし、来生では現世の記憶は無くなります。

それは、地上界が修業の場所であるからです。

また、運命予報占いでは前世や来生の性格も知る事ができます。

前置きが長くなりましたが、三國連太郎さんについて書きたいと思います。

なんと大正12年1月20日土曜日生まれで、第24の部屋所属でした。

この部屋のタイトルは「冷静な分析者」です。

現在は悪魔が降りる「天が与える試練の6days」期間中ですが、亡くなられた14日は該当日ではありませんでした。

やすらかに眠られたことでしょう。

三國連太郎さん、運命予報占いにおける輪廻転生論からすれば、来生は第5の部屋に生まれ変わります。

また、佐藤浩市さんとの相性はランクBとなり、親子としてはいろいろありましたが、まずまずの相性でした。
結果、お互いを理解することができたのだと思われます。

これだけの功績を残し、名声も残したのですから間違いなく現世においての評価は高いでしょうね。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 優香と青木崇高は水と油の「ランクD」
  2. 桐谷美玲に熱愛報道!相手は三浦翔平
  3. 米倉涼子は運命予報通りに離婚!
  4. 武豊と美馬怜子の運命予報
  5. 乙葉、夫婦円満の秘訣は「尊敬」
  6. ピース又吉、25万部ヒット小説
  7. 土屋太鳳と松坂桃李はウマが…
  8. 矢口真里の再婚について

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

錦織圭vsナダル,決勝戦の運勢

錦織圭が昨日も◎運勢通りズベレフ(◎運勢)に逆転勝利!チリッチに続き強敵を撃破し決勝…

2018年4月23日(月)の凶日部屋

明日の運命予報をお知らせします。運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12…

PAGE TOP