芸能界

佐野ひなこ&神木隆之介の相性を診る




先日、佐野ひなこと神木隆之介の熱愛が報じられました。
本日都内で行われた主演映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(6月25日公開)の公開直前イベント試写会に出席した神木ですが、退場時には映画のテーマ曲が大音量で流れ、熱愛報道について声をかける機会を報道陣に与えませんでした。

昨年12月4日に神木隆之介と志田未来について書きましたが、「困ったときに助け合える良き相談相手まででしょうね。」で締めくくりました。
その時の記事はこちらから
やはり運命予報占い通り、「ランク特S」の二人はお互いを理解できる唯一無二の親友になりやすい間柄なのです。

そして、今回話題となっている神木隆之介と佐野ひなこについて運命予報で診てみましょう。

佐野ひなこ・・・1994年10月13日木曜日生まれ 第22の部屋所属(行動力豊かな社交家)
神木隆之介・・・1993年5月19日水曜日生まれ 第27の部屋所属(個性豊かなカリスマ性)


二人の相性は、運命予報5種類のランクの中で最も遠い距離である 「ランクD」 でした。

性格は全く異質で、正反対となり水と油です。
「ランク特S」の志田未来とは一転、最も異なる性格の相手となりました。
お互いを心底理解することが難しく、何かにつけて意見が食い違うものです。
自分に持っていない部分について尊敬できる相手であればそれなりに続くことでしょう。
芸能人同士、すれ違いが多いほどうまくいく関係となります。
ひとつ気になるのが、水曜日生まれの第27の部屋は結婚不適合者です。

※結婚不適合者とは、自分で何でもやってしまい、男性であれば女性の領域までカバーしてしまいます。
異性は好きなのですが、相手に依存しないために、支えあうことができない性格の持ち主です。
結婚できないのではなくて、結婚する必要がないという感じです。

相性について詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください

※相性は距離(性格)が近い順に特S・A・B・C・Dとなりますが、相性の良し悪しについては以下
①A◎(100点)→②特S○(90点)→③B□(60点)→④ランクD▼(40点)→⑤ランクC×(20点)となります。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
6月21日(火)は第20の部屋所属の日となります。
魔の期間終了につき最凶悪日を迎えるのは1部屋に戻ります。
ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、基本的に××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第5の部屋
(×)第14の部屋
(×)第23の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるのです。

日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご購入してご覧になってください。

占いアプリ「5秒でわかる性格占い」★運命予報占い★星月夜景★以下をクリックでダウンロード(無料)できます。
◆App Store(アイフォンはこちらから)
◆Google Play(アンドロイドはこちらから)
※コンビニeプリントサービス「運命予報占い・ギャンブル編」好評発売中!
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 深川監督と宮澤美保結婚は「相性ランクC」!
  2. 渡部建と佐々木希の合鍵デートを運命予報
  3. AKB48第8回総選挙2016
  4. 旧友の米良美一、クモ膜下出血「発見遅れたら死んでいた」
  5. 離婚したココリコ田中直樹と小日向しえの相性
  6. 現役アイドル死去、相次ぐ訃報
  7. モデル七菜香とJリーガー松田陸が結婚
  8. 解散が噂されている「とんねるず」二人の相性は?

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

マイルCS◎運勢ペルシアンナイトが制す!

先週のエリザベス女王杯◎運勢クロコスミア、〇運勢モズカッチャンで的中した注目の運命予想の…

ディミトロフ対ゴファンの運勢

男子テニス最終戦は残すところ決勝戦のみとなりました。勝ち残ったのは、フェデラーに初め…

PAGE TOP