スポーツ

清原と落合の関係を運命予報で診る

久々のテレビ出演となった清原和博ですが、昨年落合GMをメッタ斬りにし、桑田の批判をしてからというもの、球界から疎遠となり、メディアからも遠ざかっていました。
また、薬物疑惑や離婚問題と散々な一年でした。
運命予報で、清原、落合、桑田との人間関係を診てみましょう。

清原和博・・・1967年8月18日金曜日生まれ
第21の部屋所属 (感性豊かな頭脳者)
落合博満・・・1953年12月9日水曜日生まれ
第22の部屋所属 (行動力豊かな社交家)
桑田真澄・・・1968年4月1日月曜日生まれ
第3の部屋所属 (知識豊かな口達者)

気になる清原と落合ですが、お隣同士のランクAとなり最良の相性となります。
落合が清原のいるジャイアンツに移籍してきたことで、二人の仲を悪くさせたのではないでしょうか?
相性ランクAは、お互いに言いたい事を言っても許しあえる仲なのです。
ライバルであることは間違いないでしょうが、相性が良いから言いたい事を平気で言えることもあるものです。
もし悪い相性だったら、とんでもないことになってしまうことでしょう。

清原と桑田の関係は、ランク特Sとなり、これも黙っていても分かり合える間柄となります。
ランクA以上に分かり合えるが、一緒にいるとぎこちない関係です。
こちらも良い相性でした。

ちなみに、落合と桑田もランクAとなり最良の相性でした。
そのうち笑って会談する日が来るような気がします。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
4月10日(金)は第19の部屋所属の日となります。
そして最凶悪日を迎えるのが第4の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第4の部屋
(×)第13の部屋
(×)第22の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 稀勢の里VS日馬富士 今日の運勢
  2. W杯優勝平野美宇、伊藤美馬とのライバル関係
  3. サッカー女子W杯の行方を占う!
  4. 本日8日(木)の運命予報
  5. 錦織棄権、嬉しくない大的中!
  6. 錦織圭 今夜マレー戦の運勢
  7. 明日からリオ五輪スタート!
  8. 日馬富士対稀勢の里の運勢

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

南の土地を奪い合い、負けたら北へ逃げる?

杉田祐一は残念ながらディミトロフに敗北を喫し、快進撃もベスト8止まりとなってしまいました…

杉田祐一マスターズ大会準々決勝へ

男子テニスのW&Sオープンで杉田祐一がまたまたやってくれました。ついに準々決勝となり…

PAGE TOP