スポーツ

白鵬・鶴竜の横綱決戦を運命予報!

大相撲名古屋場所の優勝争いは、千秋楽両横綱の直接対決となりました。
14日目、横綱鶴竜は大関豪栄道を寄り切って2敗を守りました。
横綱白鵬も大関稀勢の里を寄り切り1敗を守りました。
本日千秋楽の横綱対決で白鵬が勝てば35度目の優勝が決定し、鶴竜が勝てば2人による優勝決定戦となります。

鶴竜は3場所ぶりの本土俵となりましたが、なんとか千秋楽決戦に持ち込むことができました。
しかし、逆転優勝するには本割と優勝決定戦での2連勝となりますが、運命予報で両横綱の運勢を診てみましょう。
このケースは過去68度ありましたが、連勝で逆転優勝したのは過去9度。

白鵬・・・1985年3月11日月曜日生まれ 第15の部屋所属 (財運豊かな人気者) 
鶴竜・・・1985年8月10日土曜日生まれ 第2の部屋所属 (地道な初志貫徹者)

運命予報:白鵬◎(100%の運勢) VS 鶴竜▼(40%の運勢)

本日白鵬の運勢が完全に勝っています。
休場明けの鶴竜が逆転で優勝するには運勢が悪すぎます。
鶴竜は8月10日に30歳を迎えるので、誕生日プレゼントを自身の優勝で飾ることができるかどうか?
久しぶりの場所で、千秋楽まで優勝争いを演じることができたチャンスを生かしたいところですが厳しい状況です。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
7月27日(月)は第17の部屋所属の日となります。
そして最凶悪日を迎える部屋は、第2の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第2の部屋
(×)第11の部屋
(×)第20の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. フィギュアスケート羽生・宇野の運勢
  2. 運命予報◎キタサンブラック快勝!
  3. 柿谷曜一朗と丸高愛実の相性
  4. 錦織棄権、嬉しくない大的中!
  5. 押切もえとロッテ涌井を運命予報!
  6. 黒田博樹引退を発表!
  7. 現役背番号で監督の金本・掛布の相性は?
  8. 運命予報でW杯

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

8月15日の出来事

昨日は花火のことで、ボクシング山中慎介の具志堅用高に並ぶ13度目の防衛に失敗した件や、テ…

8月15日は私にとって花火大会の日

今年で自身3年連続となる8月15日の花火大会を訪れました。至近距離からの花火は耳をつ…

PAGE TOP