テニス

東レPPO土居VS奈良を運命予報

「東レ パン パシフィック オープン」(東京・有明テニスの森公園コート)のダブルス1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)の土居美咲/奈良くるみ組が第1シードのラケル・コップス ジョーンズ/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)に7-5 6-4で勝ちました。

 土居&奈良組は前週の「JAPAN WOMEN’S OPEN」でもワイルドカードで出場し、シードペアを連破し、決勝で第1シードのチャン・ハオチン/チャン・ユンジャン(台湾)に1-6 2-6で敗れ準優勝しています。

その土居美咲と奈良くるみが本日シングルス1回戦(センターコート第3試合)で戦うことになりました。
二人は同級生で奈良が世界ランク80位、土居が同86位となっています。

両者は過去に3度の対戦があり、対戦成績は土居の2勝1敗。
2010年6月AEGONクラシック予選以来5年ぶりの対戦となります。

本日の両者の対戦を運命予報で診てみましょう。

奈良くるみ・・・1991年12月30日月曜日生まれ 第16の部屋所属 (相手を気遣う演技者)
運命予報:○(90%の運勢)さらに細かく診ると時間経過とともに下降運

土居美咲・・・1991年4月29日月曜日生まれ 第14の部屋所属 (現実的な目標達成者)
運命予報:○(90%の運勢)さらに細かく診ると時間経過とともに上昇運

二人の運勢は互角となりましたが、細かく分析すると土居が上昇運勢なので、もつれた展開にになると有利になるでしょう。
奈良は下降運勢(明日は×)のため、勝負を急いだ方が良いでしょう。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
9月23日(水)は第22の部屋所属の日となります。そして最凶悪日を迎える部屋は、第7の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第7の部屋
(×)第16の部屋
(×)第25の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. ルールを変えないのが「テニス」!
  2. テニス全米オープン予選始まる
  3. 錦織の全米1日で終了!
  4. ATPファイナル錦織対ジョコビッチの運勢
  5. デビスカップ背水の陣
  6. 国枝慎吾まさかの敗退!
  7. 錦織圭 今夜マレー戦の運勢
  8. 錦織4回戦の運勢は?

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

安倍&小池は敵になりきれない相性です

国民の真意を問う衆議院議員選挙で自民党が圧勝する結果になりました。台風で天候は嵐です…

羽生結弦・ネーサンチェンの運勢

ロシアで開催中のフィギュアスケートGP第1戦男子ショートプログラムでGPファイナル5連覇…

PAGE TOP