芸能界

錦織惜敗、最終チリッチ戦へ



日本テレビ田中毅アナウンサーとモデルでタレント「にわみきほ」が今月29日に都内の区役所に婚姻届を提出し結婚するそうです。
2人はかねて交際していたそうで、9月に田中アナからプロポーズをしたそうです。
10月に両家の顔合わせがあり、結婚に至ったとのことです。
昨年12月にも真剣交際が報じられていました。
互いに焼き肉が大好きで「焼き肉婚(11/29イイニク)」を選び、初デートも焼き肉というからよほど好きなのでしょうね。
二人の相性を運命予報で診てみましょう。

田中毅・・・1978年11月2日木曜日生 第17の部屋所属 【器用で頑固な職人肌】
にわみきほ・・1989年9月27日水曜日生 第12の部屋所属 【器用な行動家】


二人の相性は運命予報5ランクの中で最も異質で遠い距離の「ランクD」となりました。

焼肉という共通点があることで結婚に至ったようですが、基本的に正反対の性格となります。
相手のことを思い遣ろうとすればするほど、相手のことを理解するのが難しいのです。
基本的に考え方が違うために、今後衝突することはしばしば起こるでしょう。
年齢が離れていること、年上の田中アナが頑固で亭主関白なところをどれだけ理解でき、我慢できるかがポイントになると思います。
交際期間がある程度長ければ、お互いの考え方の違いを理解できていると思いますが、短いと新婚後に「こんなはずじゃなかった」ということになります。
しかし、自分に持っていないものを持っている相手だけに、勉強になることもたくさんある相手であることには間違いありません。

相性について詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください

※相性は距離(性格)が近い順に特S・A・B・C・Dとなりますが、相性の良し悪しについては以下
①A◎(90点)→②特S○(80点)→③B□(60点)→④ランクD▼(40点)→⑤ランクC×(20点)となります。

さて、連日熱戦が繰り広げられているテニス「ATPワールドツアー・ファイナルズ」ですが、錦織圭はマレー相手に惜しい接戦を落としてしまいました。
でも、まだまだ準決勝に残れるチャンスは残っているので明日また応援したいと思います。
本日行われるグループ:イワン・レンドルですが、モンフィスが負傷で欠場することになり、D・ゴファンが代わりに出場し、ジョコビッチと対戦します。

明日の運命予報をお知せします。
運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
11月18日(金)は第7の部屋所属の日となります。
凶日を迎える3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、基本的に××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第19部屋
(×)第1の部屋
(×)第10の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるのです。

日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご購入してご覧になってください。

占いアプリ「5秒でわかる性格占い」★運命予報占い★星月夜景★以下をクリックでダウンロード(無料)できます。
◆App Store(アイフォンはこちらから)
◆Google Play(アンドロイドはこちらから)
※コンビニeプリントサービス「運命予報占い・ギャンブル編」、
「運命予報占い・競走馬編」好評発売中!
 
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. マレーorラオニッチ?レンドルorマッケンロー?
  2. 錦織圭決勝予報!
  3. 錦織圭、降雨中断で××運勢へ
  4. 離婚した真木よう子と片山怜雄の相性
  5. ウインブルドン出場の日本人選手紹介
  6. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾そして森且行
  7. フレンチオープンテニス3回戦
  8. 志田未来と神木隆之介の相性は?

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

マイルCS◎運勢ペルシアンナイトが制す!

先週のエリザベス女王杯◎運勢クロコスミア、〇運勢モズカッチャンで的中した注目の運命予想の…

ディミトロフ対ゴファンの運勢

男子テニス最終戦は残すところ決勝戦のみとなりました。勝ち残ったのは、フェデラーに初め…

PAGE TOP