テニス

9月23日はテニスの日ではない?



本日9月23日は「テニスの日」です。
どうして9月23日がテニスの日って?
誰もがそう思うはずです。
「秋分の日」が『テニスの日』になったのは、平成10年(1998年)のことです。
まだまだ歴史は浅いのです。
なぜ、「秋分の日」?なのか…
その過程は、まず「テニスの日」を誰もが楽しめる国民の祝祭日であることが決められました。
そして、「全国北海道から沖縄まで全国各地で同時に楽しくプレーするために気候的に最適であること」を考慮したのです。
日付とテニスは関係なく、季節的要因で「秋分の日」に決められたということです。

・・・ということは、「秋分の日」が必ず9月23日であることは決まっているわけではないのですから9月23日は「テニスの日」ではないのです。
しかし、この先「秋分の日」がずれるのは2103年と随分と先のことになります。
ちなみに、2012年は9月22日が116年ぶりに9月22日が「秋分の日」で、2103年は9月24日になります。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
9月24日(木)は第23の部屋所属の日となります。そして最凶悪日を迎える部屋は、第8の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第8の部屋
(×)第17の部屋
(×)第26の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 全豪オープンテニス開幕
  2. 錦織圭××運勢で2回戦シャルディ戦
  3. 錦織準決勝はズベレフ戦
  4. 大坂なおみ全豪テニス2回戦の運勢
  5. 錦織快勝でベスト8&運命予報
  6. 錦織効果!
  7. 錦織4回戦へ…全仏OPテニス
  8. 錦織逆転!25日(日)全豪&運命予報

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

2018年2月22日(木)の凶日部屋

明日の運命予報をお知らせします。運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12…

平昌五輪フィギュアスケート女子SP宮原・坂本の運勢

フィギュアスケート女子ショートプログラムが日本時間21日午前10時~始まります。日本…

PAGE TOP