テニス

チャレンジシステムについて

錦織圭の大活躍により、中継されることが多くなったプロテニスの国際大会。
審判の判定に不服な場合、選手は「チャレンジシステム」を利用するケースを多く目にしますね。

試合中に、主審が下した判定に不服な場合、選手は1セット3回まで判定に「チャレンジ」することができ、その際、ホークアイ(電子審判テクノロジー)が使われます。
主審や線審のジャッジミスも即座に映像で露わになるこの技術が良いか悪いか別にして、審判の判定が覆される割合は平均で約3割だそうです。
選手にとっても観客にとっても欠かせないツールになりつつある「チャレンジシステム」について説明します。

空中からコートを鋭く見下ろすカメラを「ホークアイ=鷹の目」と呼び、コート脇に複数のハイスピードカメラが設置されています。
通常、ひとつのコートには10個のハイスピードカメラがコート全体を囲むように高い位置に配置されています。
そのカメラがボールの位置をリアルタイムで追いかけ、データを3Dイメージの映像に変換し、きわどいボールがインかアウトかをリアルタイムで見ることができるという仕組みです。
グランドスラム(四大大会)では4人のホークアイのメンバーが各コートで試合を見守っているそうです。
ウィンブルドン大会では、2007年からこの「ホークアイシステム」を採用しています。

ウィンブルドンのセンターコートには、「ルーファス」という名の本物の鷹がいます。
試合中にコートに飛んでくる鳩を追い払う仕事をしています。
このホークアイより7年先輩のルーファスだが、テニスファンのあいだでは「リアル・ホークアイ」とも呼ばれています。
ウインブルドン中継の際、度々鷹の姿が中継されるので見てみてください。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
6月29日(月)は第17の部屋所属の日となります。
そして最凶悪日を迎える部屋は、第2の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。 
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第2の部屋
(×)第11の部屋
(×)第20の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。 

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。



日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。
プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 競馬に相撲にテニス
  2. 楽天テニス、ダニエル・西岡・杉田登場!
  3. USオープン準決勝の運勢
  4. ウインブルドン男子準々決勝を運命予報
  5. 全仏OPテニス開幕!
  6. 全仏覇者ワウリンカ敗れる!
  7. 大的中!×選手全敗、▼選手も○選手に敗退
  8. ウインブルドン16強全選手の運勢公開

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

Twitter

最新記事

8月15日の出来事

昨日は花火のことで、ボクシング山中慎介の具志堅用高に並ぶ13度目の防衛に失敗した件や、テ…

8月15日は私にとって花火大会の日

今年で自身3年連続となる8月15日の花火大会を訪れました。至近距離からの花火は耳をつ…

PAGE TOP