ブログ

マナー違反は注意すべきか?

路上喫煙禁止の場所で、いい年(60台後半)をしたおじさんがタバコをすいながら歩いていました。
煙いな~と思っていたら、突然止まってタバコをポイ捨てしました。
電車内での優先席などを含めた日常生活の中で、マナーを問わなければならない局面に何度か遭遇します。
そのようなときにいつも感じるのですが、

注意すべきか否か?

本当は注意したいのですが、注意することで面倒なことになった場合のことを考えると躊躇してしまいます。
昔は、他人の子であれ人様に迷惑のかかるようなことをした場合は注意するのが当たり前の時代でした。
私も以前両国に住んでいた頃は、周辺に住む皆が江戸前気質で、気さくに声をかけてくるような地域でした。

マナー違反を堂々と注意できるようにならなくてはいけないと思っているのですが、勇気のいる行動ですよね。

昔のよき時代の習慣は現在の世の中では淘汰されてしまうのでしょうか?
捨てたタバコを清掃している方を見ると複雑な気持ちになりました。
お陰様で、落ちているタバコの吸殻を探しても簡単には見つからないほど綺麗な街には驚きました。

皆様は黙って見ていますか?
それとも何かアクションを起こしますか?

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
3月18日(水)は第23の部屋所属の日となります。
そして最凶悪日を迎えるのが第8の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第8の部屋
(×)第17の部屋
(×)第26の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。

日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。

プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 23日(火)ワースト(要注意)部屋
  2. 2018年6月4日(月)の凶日部屋
  3. 2018年12月29日(土)の凶日部屋
  4. ラケットを壊す選手と張る職人
  5. 2018年3月7日(水)の凶日部屋
  6. 冬至とかぼちゃの由来
  7. 2018年9月30日(日)全27部屋の運勢
  8. 商品を売りたければ文化を作れ

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

翻訳

最新記事

2019年7月20日‣21日週末全27部屋の運勢

>週末全27部屋の運命予報をお知らせします<運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の…

2019年7月19日(金)の最恐悪部屋

本日も京都のアニメーション制作会社で放火があり、多数の犠牲者が出る事件が発生しました。連日事…

2019年7月18日(木)の最恐悪部屋

~8月1日までは魔の期間になるので気を付けて下さい。「天が与える試練の6Days」と…

PAGE TOP