芸能界

加藤茶と綾菜さん、そしてドリフターズメンバーとの相性

ザ・ドリフターズの仲本工事が加藤茶の体調不安説に対して、
「去年の12月かな、こぶ茶バンド(加藤、仲本、高木ブー)で高知に行った時は、確かに少し元気がなかったな。もし体調が悪いのなら元気になってもらいたいし、嫁さんとも幸せになってもらいたいな」
と、心配しているようです。

本日はドリフターズのメンバーの相性を運命予報で診てみましょう。
まずは、心配される加藤茶と45歳年下の妻綾菜さんとの相性から診てみましょう。

加藤茶:1943年3月1日月曜日生 第20の部屋所属 (秩序を重んじる実力者)
加藤綾菜:1988年4月12日火曜日生 第23の部屋所属 (無邪気でやんちゃな仕切屋)

相性ランクCと運命予報では最も気をつけなくてはならない相性となりました。
危険な関係ですね。主導権は綾菜さんにあります。
年の差から、この主従関係を維持できれば良いのですが、持って4年と言われている相性だけに今年で4年・・・。

他のドリフターズメンバー
故・いかりや長介:1931年11月1日日曜日生 第8の部屋所属 (夢を追う努力家)
志村けん:1950年2月20日月曜日生 第26の部屋所属 (一歩譲れる行動家)
仲本工事:1941年7月5日土曜日生 第16の部屋所属 (相手を気遣う演技者)
高木ブー:1933年3月8日水曜日生 第10の部屋所属 (自由な完璧主義者)

5人のメンバーの相性は以下の通りです。
いかりやと長介から加藤茶=ランクC、志村けん=ランク特S、仲本工事=ランクA、高木ブー=ランクB
加藤茶から志村けん=ランクC、仲本工事=ランクD、高木ブー=ランクA
志村けんから仲本工事=ランクA、高木ブー=ランクB
仲本工事と高木ブーはランクCとなりました。

気になるところは、加藤茶がいかりや長介、志村けん共にランクCの相性だったことですね。
仲本工事ともランクDなので、高木ブーがいなければこれほど居心地の悪いグループはなかったことでしょう。

逆に志村けんは、いかりや長介とランク特Sをはじめ、加藤茶以外のメンバーとは良い相性でした。
ドリフターズの長い歴史からの出来事を思い返すと、この人間関係からいろいろなことが想像できます。

そして、途中でメンバーから外れた荒井注・・・(1928年7月30日月曜日生まれ 第19の部屋所属 (知的な征服者))は、いかりや長介とはランクB、加藤茶とはランクAと悪い相性ではありませんでした。

明日の運命予報をお知らせします。

運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです。
4月12日(日)は第21の部屋所属の日となります。
そして最凶悪日を迎えるのが第6の部屋となります。

ワースト3部屋は以下の通りです。
27部屋のうち、××(最凶悪日)が1部屋、×(凶日)が2部屋巡ってきます。
(××)第6の部屋
(×)第15の部屋
(×)第24の部屋
この日は、基本何事もうまくいかない日となります。
無理せず、悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことが大切です。

運命予報占いは「悪い日」をお伝えすることで「人生の転ばぬ先の杖」として生活を悔い改め、精進することを心掛けるものです。

日々の吉凶は、運命予報オリジナル吉凶カレンダーをご覧ください。

プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 仮面ライダー危険日に重症を負う
  2. 武田真治さん最凶悪日に接触事故!
  3. 夫の不倫報道、どうする小倉優子?
  4. ランクDだった小柳ルミ子と大澄賢也
  5. 1位指原莉乃と2位渡辺麻友は相性ランクC
  6. 愛之助と熊切・紀香の関係は?
  7. EXILE AKIRAとリン・チーリンの♥相性♥
  8. モデル七菜香とJリーガー松田陸が結婚

芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

翻訳

最新記事

2022年10月7日(金)の運命予報ランキング&サウナ占い

【歪】カラダの中でひとつどこかが不調になると、それをかばって他の個所に負担がかかる。結果…

2022年10月6日(木)の運命予報ランキング&サウナ占い

【歯痛】昨日歯の治療で一日中歯が痛くて憂鬱でした。歯が痛いと集中力もなくなり、何もやる気…

2022年10月5日(水)の運命予報ランキング&サウナ占い

【文学離れ】最近文学小説を読む方がめっきり少なくなったようである。「文学小説」と聞くと、…

PAGE TOP