ブログ

今話題のサウナ―(温冷交代浴)について

今話題がサウナーなら
私は入浴すきなので(ニューヨーカー)です

最近サウナブームとなっているようで、テレビドラマでも「サ道」が放送されています。
私は温泉好きで、温まってのぼせそうになる直前に水風呂に入ることで快感を得られ、そのまま風呂から上がっても快適でいられることが何よりも楽しみとなって20年ほどになります。
都内では温泉が少ないので、サウナで代用することも多いです。
しかし、温泉があっても水風呂がない施設が多い!
サウナがあれば大抵水風呂は付いているので、温泉に行ってもサウナ付きでなければなかなか温冷交代浴ができません。
そんな温泉好き好きの結果、私はスーパー銭湯を経営したこともあるくらいです。

さて、【温泉(サウナ)→水風呂→休憩】これを何度か繰り返していると、とても気持ち良い快感を得られるようになるものです。
これをサウナ―(サウナ愛好家の呼び名)用語で『ととのう』と表現される事を、ドラマを通じて知りました。
今日はその【温冷交代浴】について記事を書きたいと思います。

血行促進:風呂に入るだけでも十分血行は良くなりますが、熱い湯と冷たい水に交互に入ることでさらに血行が良くなります。熱いお湯に入ると体温を外に逃がそうとするために血管が拡張。冷たい水に入ると熱を逃がすまいとして、血管が収縮。
つまり、血管の拡張と収縮を繰り返すことで血流がさらに良くなります。
よって、血行不良からくる肩こりや身体の不調を改善する効果があるということになります。
同時に老廃物などの排出も早くなるので楽になれるのです。

お湯に入ると自律神経の副交感神経が優位になってリラックス。
水に入ると交感神経が刺激されて身体が興奮状態に。
ストレスや疲労で自律神経のバランスが乱れがちな社会の中で、うまく切り替えが出来なくなっている方は多いものです。それを温冷交代浴によって強制的に自律神経を切り替え、バランスが取れるようにするのです。

冷え性対策:冷え性の方は温まってもすぐに手足が冷たくなってしいます。
身体が温まった状態では、血管が拡張しているため身体の熱が放出され続けますから、どんどん冷えてきてしまうのは当然ですから、温冷交代浴の最後は「水」で締めて上がること!これ鉄則です。
毛穴を締め熱を放出しづらい状態にすることで身体の中に熱を閉じ込めておけるから、お湯で終わってはもったいないです。
水風呂に入り過ぎれば身体芯まで冷やしてしまうので、その加減は人それぞれ違いますから、各自調整してください。
毛穴を締めることで、風呂上がりに汗がダラダラ流れるのを防ぐので快適なのです。

巷ではサウナー、サウナーと言っていますが、サウナで温めるより温泉交代浴の方が私は好きです。
入浴が好きなので名付けて”ニューヨーカー”ですね!
1温泉→水風呂→休憩
2温泉→サウナ→水風呂→休憩
3温泉→水風呂→休憩
これ最高です!

近日中に明日の凶日部屋とともに、明日の【ととのえ部屋】として、サウナーにとって整いやすい日を公開したいと思います。

プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 2015年1月10日(土)運命注意予報
  2. 2019年1月7日(月)の凶日部屋
  3. 2019年3月4日(月)の凶日部屋
  4. 予約の取りにくい名店へ
  5. 満月のしくみ
  6. 2018年2月28日(水)の凶日部屋
  7. 2014年12月28日(日)ワースト(要注意)部屋
  8. 2014年11月10日(水)魔の6days

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

翻訳

最新記事

2019年12月11日(水)の凶日部屋&サウナ占い

空前のサウナブームで、随分と各温浴施設のサウナが混んでいます。私も20年の温冷交代浴の経験と占い…

2019年12月10日(火)の凶日部屋&サウナ占い

空前のサウナブームで、随分と各温浴施設のサウナが混んでいます。私も20年の温冷交代浴の経験と占い…

2019年12月9日(月)の凶日部屋&サウナ占い

空前のサウナブームで、随分と各温浴施設のサウナが混んでいます。私も20年の温冷交代浴の経験と占い…

PAGE TOP