ブログ

2022年9月23日(㊗)の運命予報ランキング&サウナ占い

【借りては使うな】

人生生きていてマイナスの領域に立ち入って良いことはありません。
無い袖は振れないのですから、借りてまで何とかしようと思う気持ちはわかりますが、結果良い方向に向きません。
これは私の人生経験から言えることです。
借金をしたらダメです。
資金が無くなったら素直に諦めることが大切です。

>>明日の運命予報をお知らせします<<

毎日ランキング形式で上位1・2・3位とワースト25・26・27位を発表します。
運命予報占いとは、太陽星座=地球が太陽の周りを回る一年を12等分に分割するのに対して、月が地球の周りを回る27.3日を1日ずつ27部屋に分割したものです

↓あなたの所属部屋をまだ知らない方はこちらからどうぞ↓

2022年9月23日(㊗)は第12の部屋所属の日となります。
27部屋中第1~3位の部屋とワースト3部屋は以下の通りです。

第1位:【◎】第4の部屋
第2位:【◎】第13の部屋
第3位:【◎】第3の部屋
~~~~~~~
第25位【×】第15の部屋
第26位【×】第6の部屋
第27位【××】第24の部屋





運勢の良い日はその運気を積極的に生かし、運勢の悪い日は事前に予知できたので「よし」と考えてください。
運勢の悪い日ということを自覚し、しっかりと向き合うことでいくらでも回避することができるのです。
(×)or(××)日の行動は慎むことをおすすめします。
※慎むとは、物品の購入や衣服の新調、爪切り、髪切りなどに適さない日となっています。


【サウナ占い~9月23日の『ととのえ3部屋』】
※最もサウナ(交代浴)に適した部屋を紹介!

【第9の部屋】
【第18の部屋】
【第27の部屋】

↓あなたの所属部屋をまだ知らない方はこちらからどうぞ↓

※【サウナ(温浴)→水風呂→休憩】これを何度か繰り返していると、とても気持ち良い快感を得られるようになり、これをサウナ―(サウナ愛好家の呼び名)用語で『ととのう』と表現されている。私の22年の温冷交代浴の経験と占い師の観点から、サウナーにとって整いやすい日(平穏日で気分転換に最適な日)を【ととのえ部屋】として運勢ランキングとともに紹介しています。

運命予報2022年をズバリ占う!


「ageUN開運コラム」に2022年の展望及び開運法公開中です!


2022年運命予報オリジナル吉凶カレンダー販売中です

お申込は>>こちら<<をクリックし送信してください。

≪勝負前に貴方の運勢は必見です!≫
馬券を買うなら競走馬の運勢を知りましょう。【競馬編】
あなたの運勢とギャンブル運を知りたい方は【ギャンブル編】
※コンビニeプリントサービス「運命予報占い・ギャンブル編」、
「運命予報占い・競走馬編」好評発売中!
(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)

週末は全27部屋の運勢を創業104年の歴史のある出版社「右文書院」のHP<コラム:週末の運勢>で公開しています。
↓毎週更新:右文書院コラム「週末の運勢」はこちらからどうぞ↓

プッシュ通知を

星月夜景

投稿者の記事一覧

「当たった」、「当たらなかった」という占いではなく、持って生まれた潜在能力をうまく生かせるようなアドバイザーを目指し、呼び名を「占い師」から「運命予報師」に改め、複雑な人間関係を円滑にし、人々を幸せにすることができる「運命予報師」としての活動をしている。

関連記事

  1. 2021年8月11日(水)運命予報ランキング&サウナ占い
  2. 2022年8月19日(金)の運命予報ランキング&サウナ占い
  3. 2021年5月22日‣23日週末全27部屋の運勢&サウナ占い
  4. 2019年6月6日(木)の凶日部屋
  5. 2018年3月7日(水)の凶日部屋
  6. 2018年4月24日(火)の凶日部屋
  7. 予約の取りにくい名店へ
  8. 2020年8月17日(月)の運命予報&サウナ占い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


芸能界

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

書籍紹介

右文書院 著者:星月夜景

テニス

競馬

翻訳

最新記事

2022年10月7日(金)の運命予報ランキング&サウナ占い

【歪】カラダの中でひとつどこかが不調になると、それをかばって他の個所に負担がかかる。結果…

2022年10月6日(木)の運命予報ランキング&サウナ占い

【歯痛】昨日歯の治療で一日中歯が痛くて憂鬱でした。歯が痛いと集中力もなくなり、何もやる気…

2022年10月5日(水)の運命予報ランキング&サウナ占い

【文学離れ】最近文学小説を読む方がめっきり少なくなったようである。「文学小説」と聞くと、…

PAGE TOP